タオルとは?

まず日本に住む人の中で「普段の生活でタオルを利用しない」という人はまずいないでしょう。
生まれてから死ぬまでの間に(というと大袈裟ですが)様々な場面でタオルにはお世話になるだろうと思います。今回は生活必需品の中でも、タオルに的を絞って解説をしていきたいと思います。

まずタオルというものの定義についてですが、タオル地(主に綿でできた織物)の布でできた手ぬぐいのことを指します。また一口に手ぬぐいと言っても用途によってその種類は実に様々で、生活する上でそれぞれの場面にあったタオルがたくさん存在します。
それらのたくさんあるタオルの選び方や使い方、利用方法なども実に多岐にわたるためここでは「タオルの説明書」のような感じで、タオルの有効活用方法について紹介していこうと思います。

まずはじめにタオルの種類について紹介しておきましょう。タオルは素材やサイズによってその名称が異なり、我々が普段もっともよく使うであろうサイズのタオルのことは「フェイスタオル」に分類されます。それよりも小さいものは「ハンドタオル」だいたいハンカチ程度の大きさのものをこう呼びます。
フェイスタオルよりも大きなものは「バスタオル」と呼び、これはかなりサイズが大きく大人が体に巻いて隠すことができるくらいのサイズがあります。これらの他にもたくさんありますが、まずはこれらのタオルについて、次の項で基本的な使い方などを紹介していきましょう。

TOP