目的ごとに種類を選んで使う〜スポーツ・レジャー編〜

前項では生活の中で使うタオルの種類を材質の面から考えてみました。
同じフェイスタオルでも綿はふんわりと触り心地がよく、麻はしっかりとした生地で吸水性も抜群・・。といった特徴がありました。
では今回は運動するときやレジャーなどに使いやすいタオルについて考えてみたいと思います。

先に説明した通り、運動時にはそれに最適なスポーツタオルというものがあります。例えばサッカー部の男子が汗を拭くためにガーゼ生地のタオルを使った場合、確かに吸水性は良いかもしれませんが部活終わりにはどろどろになってしまい、使い物にならなくなってしまうでしょう。スポーツタオルの場合は何度洗濯しても大丈夫なようにしっかりとして生地・編み方をされており、こういった部分でもスポーツに向いていると言えます。

同じスポーツタオルでも水場向きのタオルとして「ビーチタオル」というものもあります。こちらはまさしくビーチなど水泳をする場合を想定して作られたタオルで、やや厚手で体の下に敷いたりして使うことをが想定されています。もちろんバスタオルでも同じように使えるのですが、ビーチタオルの方がスポーツタオルとしての側面を持つため、適材適所と言えるでしょう。
このようにスポーツの際に使うタオルは基本的に頑丈で、何度も洗濯しても傷みにくいものを選ぶのが基本となります。ただし、ただ頑丈なだけのフェイスタオルでは吸水性や吸える水分量に限度がある場合もあり、また適正なサイズのものを選ばないと非常に使いにくいことになってしまう場合もあります。そういった観点から、タオルは適材適所で必ず用途にあったものを選ぶようにしましょう。

TOP