〜処理編〜

古い古くないにかかわらず、「買ったor貰ったはいいものの使い道もなく困っている・・」贈答品として貰った未開封のバスタオルや、誰の趣味にも合わないキャラクタータオル。会社のロゴの入った何十枚もあるフェイスタオルなど、必要以上に家にタオルが溢れてしまっているという状況は案外あります。大体は押入れの奥底に封印されたままになってしまっていることも多いのですが、今回はそれらを処理する方法について考えてみたいと思います。
処理といっても、いらないのであればゴミに出してしまうのが一番早いです。ですが、案外それができずに押入れの肥やしになってしまうことが多いのも事実。「使わないけどいつか使うかも・・・」「新品を捨てるのはちょっともったいない・・・」といった心理が働いて捨てるに捨てられないという人も多いと思います。では苦肉の策としてそれらを処理してしまう方法を提案してみます。

1.フリマに出す。 贈答品のバスタオルであればそれなりに良いものであるはずなので、未使用であれば100円くらいの値段で売れるかもしれません。バスタオルは買うと高いので、フリマで新品を出せば売れる可能性は高いです。もし使用してしまっていても、綺麗に洗濯して出品すれば売れるでしょう。それでも売れなければ1円で出品すれば売れるかも・・。

2.オークションに出品する ほぼ1と同じ内容ですが、オークションの場合はフリマよりもさらに不特定多数の人に閲覧される可能性があります。これを利用してキャラクターの書かれたタオルや、アイドルのフェスイベントなどで限定販売されたものを出品すると落札される可能性があります。

3.捨てる 何の解決にもなっていないようにも見えますが、断捨離というのは時に必要なもの。いらないものはいらないと割り切って捨て、自分に必要なものを確保して使うことが実は一番大切なのかもしれません。

TOP