タオルの種類2

前項では基本的な3種類のタオルの簡単な説明をしました。ここではそれら3種のタオルを基調とした別種のタオルについての説明をしたいと思います。
まずはスポーツタオルについて。これは運動をしている人や、運動部に所属している学生なら馴染みがあるかもしれません。このスポーツタオルは基本的にはフェイスタオルとほぼ一緒なのですが、より運動時に使いやすいように工夫された作りになっているのが特徴です。

フェイスタオルよりも若干長めのものが多く、運動時に首にかけておいて、汗をかいた際にはすぐに拭き取れるようになっています。また染色や作りもしっかりしており、汗をよく吸わせた後でもしっかり選択することができ、色落ちや伸びたりしてしまうことも少ないといった特徴があります。また、スポーツタオルの特徴としてスポーツメーカーのデザインや、スポーツチームのロゴ、マスコットが描かれた商品が多いことも特徴のひとつと言えるでしょう。
その他にタオルケットというものもあります。これはタオルと毛布を意味するブランケットを掛け合わせた和製英語で、英語圏ではバスシーツと呼ばれます。

「タオルの毛布」という名前から想像がつくように、基本的には寝具として扱われ、夏場などにはタオルケットをまとって就寝するといった使い方をされます。吸水性が良いので、暑い夏場には汗をかいても不快になりづらいというメリットもあり、適度に空気を通すため蒸れにくいのも特徴です。

心地よいバスタオルを探してみよう!

TOP